ホーム >ドリップ珈琲のおいしい入れ方

比較的抽出がスピーディーなペーパーフィルターを使用した入れ方をご紹介します。
もっともおいしく入れるポイントを知って、お家でも珈琲タイムをお楽しみください。

準備するもの

ドリッパー

サーバー

ペーパーフィルター

細口ポット

珈琲豆の分量 ※珈琲豆は中挽き〜細挽きにしましょう。

1杯分…12〜15g / 2杯分…20〜25g

【おいしい入れ方】

1) ペーパーフィルターをセット
フィルターは円すいの場合は側面のみを折り、台形の場合は底と側面部分を前後互い違いに折ります。

2) 粉を入れる
ドリッパーにペーパーフィルターをセットし、コーヒーの粉を入れます。
前後にゆすって平坦にしましょう。

3) コーヒーを蒸らす
コーヒーに少量のお湯をそっと乗せるように注ぎます。
中央からお湯を注ぐと放射線状に広がります。
全体にお湯が浸透するとサーバーへコーヒーの液がポタポタと落ちます。
そこで1回目の注湯をストップ。

4) 2回目の注湯
20秒程蒸らしたあと、2回目の注湯に入ります。
中心から外側へ小さくらせんを描くように注ぎます。

5) 3回目、4回目の注湯
2回目の注湯でお湯がなくならないうちに (1/3程度へこんだら)3回目の注湯にうつりましょう。
2回目と同じ要領で注ぎます。
4回目の注湯も同じ要領で、量を調整しながら注ぎましょう。

コーヒーのおいしい成分を十分ひきだすために必ず「蒸らし」をしましょう!蒸らしをすることで、コーヒーとお湯がなじみやすくなり、お湯の通り道ができます。

フィルターの壁面にはお湯をかけないように注ぎましょう!この注ぎ方ではコーヒー全体からまんべんなく引き出すことができません。

抽出後のカスもチェックしてみましょう! カスの表面には細かな泡(雑味成分)が残っています。コーヒーのカスがドーナツ状の均一な厚みの層になっていて、細かな泡が残っているとき、雑味のないクリアな味わいになっているはずです。

【珈琲豆の保存方法】

コーヒーが苦手なのは、酸素や高温、湿気などです。
外気に触れないように、密封容器などに入れて冷凍庫で保存し、使用する分だけそのつど出してお使い下さい。
また、粉の状態より豆の状態の方がより鮮度が長持ちしますので、豆の状態での購入をおすすめしております。